スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
バングラ旅行記☆2日目☆
☆旅二日目☆

思いのほか快適なベッドで、起床時間の朝7時まで爆睡。
寝ぼけまなこで支度。

7時半に朝食だーって聞いてたからコカさんの部屋に行くとまだ寝起き(ぇ
そういえばバングラの人はのんびり(時間にルーズとも言うw)だったなぁと。

そしてよく聞けば僕らの部屋で朝食だそうで、部屋で待ってると程なくしてコカさんと朝食がやって来た。

DSC_9941.jpg
朝からカレーなのかと思ってたら、意外と普通のトーストと、目玉焼き、それからマンゴージュース♪
朝はあまり食べれない自分ですが、外国のトーストって薄いし小さめで食べやすいんで、サクッと食べちゃいます。

そうそう、多くの外国に漏れずバングラも生水が飲めないので、ミネラルウォーターは必須です。

ちゃちゃっと朝食を済ませてホテルを出発m9っ`Д´)
この日は汽車でダッカからバングラ第2の都市、チッタゴンまで移動。
ダッカの駅で汽車を待つこと20分ほど。

DSC_9948.jpg
その間果物を売る人や新聞を売る人、物乞いまで、さながらバングラの縮図を見てるようでした。

DSC_9951.jpg
DSC_9957.jpg
それから何回か汽車が通り過ぎ。
テレビで見たことのあるような、汽車にしがみついている人や、屋根の上に乗ってる人たちがたくさん。
それから汽車の中からは怒声が汗
きっと席で揉めてたんだろうなと思いながら待ってると、ようやく乗る汽車が到着。

DSC_9962.jpg
駅にはポーターさんがいて、車内へ荷物を運んでくれる。赤シャツはユニフォームらしい。
ちなみにこのスーツケース、20キロ近くありますが、さらにもう1個載せてましたからね(・_・;)

どんな汽車かとドキドキしながら乗ると意外と広くてキレイ。
昔の日本の汽車のような木製の床とか全席ボックス席って想像とはえらい違いでした(笑)
そして意外にも定刻どおり出発。

DSC_9966.jpg
窓から見える景色は、テレビで見るちょっと貧しいアジアって感じ。
しばらくすると街からはずれ、田園風景や大きな川が見えてくる。

外の景色に釘付けになってると、前の席の女の子とそのお父さんが話しかけてきた( ・∀・)
お互い拙い英語でお喋り♪
特にお父さんは、窓の外の景色を解説してくれて、このへんは普段は陸地だけど洪水で水浸しなんだとか、米はたくさん作ってるけど輸入してるんだとか、ジュートの作り方とか。
おかげでただ眺めてるより、たくさんの知識を得ることができました☆

DSC_9979.jpg
DSC_9986.jpg
しばらく喋った後で英語下手でゴメンねーなんて言われたけど、お互い様だし、それでも話しかけてくれるバングラの人のアグレッシブさと優しさに触れることができて良かったです☆
絶対自分から喋りかけるなんてできないしね・・・

そんなこんなで7時間ちょっと汽車の旅はあっという間に過ぎていき、チッタゴンへ到着。
車内サービスでチャイとかパンとか持ってくるし(コカさんに任せてたからフリーかどうかはわからない汗)、車内は快適でした^^
まーでも食べ物食べだすとどこからともなく住み着いているゴ○○リが出てくるのには驚きはしましたけどね(笑)

そしてチッタゴンから車(100系ハイエース)で約4時間かけて主たる目的であるコックスバザールへ!

DSC_0007_20111022115019.jpg
DSC_0014.jpg
どうやらバイパスのような道らしく、ひたすら道が続き、何キロかおきに集落がある感じ。その集落も何個かおきに少し大きな集落があると、例えるなら高速道路走ってるとPAとSAがある感じかな。

しばらくして日が暮れると街灯のない真っ暗な道をひたすら車は走る。
そしてバングラでは自分が走ってるぞってアピールするためにハイビーム使うし、右ウインカーを使う(左側通行です)。
そして抜かすときはパッシングとクラクション(笑)
日本でやると絶対ヤ○ザに追いかけられるわー((;゚Д゚)ガクガクブルブル

でもそんな文化にも慣れたのと、ハイエースの快適さでドライブを満喫♪
ただ、バングラでは絶対運転できないなーって思いましたけどね^^;

そして夜8時頃、コックスバザールに到着。ほぼ丸半日の移動となりました。
で、早速晩飯を食べにホテルのレストランへ。

DSC_0035.jpg
ついにこの旅で最初のカレーキタ―――(゚∀゚)―――ッ
タイ米のようなサラッとしたご飯に、日本のとは違うサラッとしたカレーをかけていただく♪
1食で3種類くらいのカレーが出てくるし、それぞれ辛さも味も違うから飽きることなく、ガッツリ食べました(笑)
そして、魚のから揚げ。これまたちょっぴりスパイシー。

しっかりお腹も満たされ部屋へ帰る。
そして、お風呂に入ろうとしてると、ブツッ・・・
停電が頻発するとは聞いてたけど、この旅最初の停電で一瞬慌てるアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
すぐに復旧されて、なんてことはなかったんだけど、ドキドキしながらお風呂へ。
・・・。・・・・・。

ふーお湯が出ねーじゃないか_| ̄|○ ガクッ
しょうがないから気合で水シャワーで体を洗って出ることに。

昨日お湯が出たのはラッキーだったんかなーと思いつつ部屋に入ると・・・
あーコカさんクーラーガンガンじゃん(笑)
この日からコックスバザールにいる間はずっとコカさんと相部屋だったのです。

DSC_0038.jpg
そして、この日もウィスキーで乾杯。本当にイスラム教徒かよ?って聞いたらブッダも信じるしキリストも信じるしみんな信じるから飲むんだって笑顔で言うし( *´艸`)
そんなこの日のホテルの部屋はまるでラ○ホのようなピンクとイエローの部屋(笑)
他の2人の部屋は青っぽい色使いで、つーじの部屋怪し過ぎって笑われました(断じてオレのせいではないw

そしてアルコールも入りテレビを見てるうちに睡魔に襲われ眠りに就くのでした。

3日目へ続く・・・
スポンサーサイト

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

【2011/10/23 21:08 】 | 観光・写真 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。